ぼくが教育について思うこと

宇都宮の餃子に想う

ずっと1位だった宇都宮の餃子が今年2位に。1位は浜松市だ。テレビで見た浜松市の餃子なんちゃら学会の会長さんの言葉は、喜びのコメントではなかった。震災の影響で物流が途絶え消費が落ち込んだ宇都宮に対して、宇都宮が元気にならなければならない、今回の順位は問題ではない、といった感じのことを熱く語っておられた。
そんな素敵な方の肩書きを餃子なんちゃら学会と省いてしまうのは気が引けるのだけれど、記憶力が弱っているのでご勘弁を。
さて、統計というのは、いやおうなしに順位付けの可能性をはらむものである。統計データというのは、個々の状況を明らかにするのと同時に、個々間の比較を促してしまうものなのだ。例えば、もし、同じようなスペインバルが2軒並んでいて、どっちも店の中が良く見えるとしたら、通りがかりに客の人数を見て、客数で店のポテンシャルを比較しちゃいますよね。きっと。それと同じことを、統計データは、隣り合ってないもの同士にも摘要してしまうので、実はとっても恐ろしいのです。
でも、浜松市のなんちゃらさんのコメントは、統計のいい面もちょっと感じさせてくれたように思う。だって、遠く離れた地域の人たちの営みやら思いやらが、餃子の売り上げという統計を媒介としてつながったのですから。統計をとる側が、そのような効果を期待しているとは思えないけれど、実は、世の中は、この統計という仕掛けで、随分と互いを意識し、つながっているのかもしれないですね。
そういう意味では、全国学力学習状況調査も学校のつながり、市町村教育委員会のつながりをいやおうなしに生じさせる一つの道具として上手く活用すればいいのかもしれないとも思います。お気楽過ぎると叱られそうですが。
書きながら思いついた・・・「目の前に急流が表れたらどうする?」⇒明日へ続く。
[PR]
by k1satok1 | 2012-02-01 22:54 | 教育
<< あほを見つけた 電車で見た勇気あるオジサンに学ぶ >>



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧