ぼくが教育について思うこと

学校における自主性、自律性

今日は、ある先生の講演を聴いた。
これからは、地域主権の時代。だから、学校は自主性、自律性を高め、自らの判断で教育を推し進めるべき、とのこと。
これは、とても大切だ。だが、この裏側には、学校が自主的に取り組んだことに対する責任をもつ、ということがついて回る。したがって、ここで一つ考える必要が出てくる。校長は責任を自覚しているのか?ということを。
何かことが起きてから責任問題になるくらいなら、普段から学校をチェックしてくれるパートナーがいれば助かるのではないか?例えば、学校運営協議会のような責任ある人たちの集まりを活用しても良い。
校長がすべて背負う時代は終わったのではないかと感じる。
言葉足らずだが、ここで言いたいことは、これからの方向性になるに違いないと思う。
疲れているのでこれまで。
[PR]
by k1satok1 | 2012-02-17 20:06 | 教育
<< 箸休め ほっこり感を世界に広げよう。 >>



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧