ぼくが教育について思うこと

ある黒人男性から受けた衝撃と静寂

今日、渋谷のコンビにでトイレに入った。寒かったせいもあって、キルケニーを飲んだせいもあって、なのかどうなのか分からないのだけれど、帰路途中でどうしても、となった。ま、そういうことはよくあると思うけど、トイレに入って用を足しているときに、あることが起きた。突然、戸をあけて、一人の男性が入ってきた。(男子トイレだから当たり前だけれど)ちょっと驚いたのは、その人が黒人男性だったこと、ではなくて、入ってきたとたん、僕のほうを見て、「あれ、一個しかないのか。」とちょっとたどたどしい日本語でつぶやいたこと、である。※便器は一つしかなかった。
とても我慢していた様子。僕が用を終えて出ようとしたら、「ありがとございます。」と言って一つしかない便器に向かって急いだ彼。でもそのとき、彼の様子を見てまたまた驚いた。彼は、そのとき、手を洗う洗面台に向かって既にジッパーを下ろしていたのです・・・。うーん。すごい、よっぽどだったのだろう。もう少し僕が遅かったら、彼の生理的欲求によって繰り広げられる、非モラル、非日常、非日本人(おっと当たりまえ)なショーを目の当たりにするとこだった。ふう、渋谷って恐ろしいところだ、と本当に思った。
でも、彼にしたら、本当に当たり前のことで、少なくとも、道路でやってしまうより、ずっと日本的な自分の行動だと思っていたのかもしれない。寒い時には、だれだって緊急事態がおとずれるのだから、ちょっとは大目に見たいものですよね。
というわけで、相手の立場にたって考える余裕が今の僕には備わってきたということが、唯一教育的な内容の、今日のブログです。
いやいや全く違うという方には申し訳ありません。
[PR]
by k1satok1 | 2012-02-26 23:52 | 教育
<< 重力と勝負 キルケニー!! >>



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧