ぼくが教育について思うこと

保護者懇談会を有益なものとする方法

保護者との個人懇談会を「子どもの成長のために有効活用する」という視点をもつ人に伝えたい。
個人懇談会には、子どものノートを使おう、と。
4月から9月くらいまでに子どもが書いたノートを見ると、明らかな成長がみてとれる。教師がちゃんと意図的、計画的に指導していれば。子どもにひたすら書かせて、それにコメントを加えていけばかなりの伸びが見られるものだ。
4月の1ページ目と最新のページを交互に見比べ、伸びた点を保護者に伝えるといい。文字が綺麗になったということには保護者もすぐに気がつくから、それ以外の点を指摘するといい。例えば、友達の意見をよく聴いているからこそ、こんな意見になったのだ、とか、この考え方は事実をもとに類推するというよい思考方法だ、とか。
教師の専門性を知ってもらうこともにもなる。子どもをよく観て、確かな指導をしてくれているとの信頼感を高めることにもなる。
ぜひ、地道な取組を積み重ねて欲しい。
時間が無いのは分かるけれど、ここだけは手を抜かないというポイントは、子どもに直接影響を与えるような指導の部分だから。
[PR]
by k1satok1 | 2012-02-29 23:31 | 教育
<< 久しぶりにPCを購入~10年ぶ... 男女 >>



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧