ぼくが教育について思うこと

仕事の流儀

四月になり、新たなプロジェクトの検討が短期間で行われた。検討のための議論は中身があるものとなった。
そのような議論が成立するためのポイントは、参加者が聞く耳をもっていること、臆さずにアイデアを出すこと、引くべきは引くことだろうか。
もっとあるだろうが、こういう議論は意外とできていなかった。雰囲気を壊す人、一人で演説する人などがいると、もはや議論ではない。
お互いの意見にうまく乗っかりながらも、自分のアイデアを出して行くことが創造的な議論となる上で必要なのだ。と思う。

仕事とは、一人一人のもつ知恵を引き出し、あるいは押し出しながら、一つの解を、よりイノベイティブな解を見出すことによって高まって行くものだ。

学校では、子どもにそのような経験をさせているだろうか。教師自身にそのような資質がみについているのかがポイントだろう。

仕事の流儀は、生き方の流儀にもつながる。きたない仕事、みにくい仕事はするべきでない。
[PR]
by k1satok1 | 2012-04-12 09:02 | 教育
<< 4月の学級経営における必須事項 2ちゃんねる騒動に思う >>



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧