ぼくが教育について思うこと

長嶋さんらしさ

長嶋さんが天才なのは、その伝説的なプレーや言動から誰もが認めるところ。
かつての野球少年だけではなく、なぜか、私のようなふつうの人間でも長嶋さんの
魅力にひきつけられる。
なぜか。
思うに、長嶋さんには、人に説明したり、納得させたりしようという気がないからではないか。
いいわけも、解説もなく、ただ、真摯に野球に向かう姿があるだけなのだ。
ご本人はたまに説明したりしているおつもりなのかもしれないが、それがまったく説明になっていない。
というか凡人にはよく分からない。
説明しよう、納得させようという人には、こちらもちょっとだけ構えてしまうのかもしれない。
でも、長嶋さんには、こちらが構えるということはなく、ただただ、理解不能な中に、関心を高め、いつの間にかその魅力をこちらから謎解きしようとしてしまうのだ。
もっとも、こんなこともそもそも、野球人としての偉業があってのことだが、
長嶋さんにはとにもかくにも憧れてしまう。
一方、安倍総理はどうか。アンパイヤ役を果たした総理だが、テレビの画面から
そのような魅力があふれ出ていたかどうか。
これからの政治手腕次第では、長嶋さんに劣らぬ魅力を発することができるかもしれない。
[PR]
by k1satok1 | 2013-05-06 00:41 | 教育
<< コミュニティ・スクールとは 子どもを伸ばす学級経営のポイン... >>



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧