ぼくが教育について思うこと

チーム学校は、なし得るか?

学校がチームになるとはどういうことか?そもそも、今の学校が【チーム】となっていない、ということが前提にあるのだとすれば、どんな点がダメなのか、それを把握しておかなければ、何をどうすれば良いのかが、見えてこない。単純に、様々な人財を学校に送り込めばいいというものでもない。
テレビ特番でやっている【大家族】を思い起こしてほしい。人が多ければ、その分、調整、連絡、現状把握など、様々な手腕が父親と母親とには求められる。ある父親は、母親との交渉に、それは大変な苦労をし、その場面がなんども放映されていた。ひとこと言えば、【タイヘン】なのである。担任、子ども、保護者への対応は何百通りもある。更にスタッフが増えれば、そのバリエーションは無限に増えていく。リスクを事前に想定することにも限界がでてくるだろう。りんきにマネジメントする管理職やミドルリーダーの力量が問われるのは必至である。
ただ、希望もある。再び【大家族】を思い出して欲しい。登場人物が多ければ、それだけドラマが生まれ、感動が生まれる可能性が高まるのである。加えて、大家族でいつも感動させられるのは、子どもたちが巻き起こすハプニングである。チーム学校において、カギは何かとすれば、それは、間違いなく、子どもの成長にまつわる感動だろう。言うまでもないが、単に人が増えることが目的ではなく、子どもたちが、成長するものがたりをおおくの人が共有し、学校を中心に、子ども育てのコミュニティが育まれていくことこそが、チーム学校が成立する上での重要ポイントである。

[PR]
by k1satok1 | 2015-08-25 12:05 | 教育
<< 体力の落ちたお年寄りを救うタクシー えこひいきしない先生になるには >>



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧