ぼくが教育について思うこと

2013年 10月 21日 ( 1 )

土曜授業の復活について思うこと

完全学校週5日制が開始して十数年が経ったが、その当時、文部省でことの決定を進めたのは自民党政権下にある官僚。まあ、45歳から55歳くらいの人が中心だったとすれば、その人たちのほとんどは退職しているのだろうか。
一方で、議員はまだまだたくさん残っているのだろうから、当時の文教施策をけん引していた議員が、もしまだ活躍しているとしたら、自分たちでつくった制度を、検証し微修正しようというのが、今回の動きについてのとらえ方としては妥当なのかもしれない。
でも、世の中は、微修正とは受け止めない。まさに土曜授業復活、というフレーズだけでとらえてしまい、それを良しとしない学校現場に対しては、冷たい目線が注がれる可能性がある。
あくまでも学校週5日制度のもとでの土曜授業の工夫、くらいのニュアンスできちんと世間に伝えないと。
誤解に根差した教育論議は不要だ。
[PR]
by k1satok1 | 2013-10-21 00:23 | 教育



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧