ぼくが教育について思うこと

カテゴリ:未分類( 5 )

えこひいきしない先生になるには

自分がえこひいきしない先生か、自信を持って答えられるだろうか?
もし、自信がある方は、次にこう自問してみて欲しい。
その自信に根拠はあるのか、と。
そもそも、えこひいきとは、自分がそうしていないと思っていてもダメなたぐいのものだ。えこひいきは、している側と、されている側との関係で成り立つものだから、一方がしていないと言い張っても意味がない。
では、どうするか。
一日の終わりに、クラス名簿を見て、どの子に声をかけなかったか、思い起こすだけでいい。これを毎日、無理のない範囲でやってみる。
まずは、一週間やってみるといい。そのとき、誰に声かけが足りないのか、目に見えてくる。
えこひいきしていると思われるような偏りがあるかどうか、わかるはずだ。慣れてきたら、よく声をかけている子どもがいるかも思い起こすといい。きっと、自分のクセが見えてくる。案外、そこに、偏りがあるかもしれないのだ。

大切なのは、自分の言動をいかにしてモニタリングするかだ。これは、一つの方法にすぎない。
自分は大丈夫、と過信する前に、根拠をつくってみてもいいのではないだろうか。
あ、なお、ここに書いたのは小学校の先生限定の話。
[PR]
by k1satok1 | 2014-04-26 15:17

地域主権と校長の権限

ここ数年、教育界では、教育の責任の所在が、どこにあるのかということを整理する方向で進んでいる。
そこでの責任とは、責任をとる、というニュアンスのものもあれば、責任を持って、というニュアンスのものもある。人によって、ニュアンスを使い分けている場合もある。
学校の中で行う教育について、校長や教員の責任で行うことはこれまでと変わらないが、学校だけで担うには限界がある、というのがその根幹にあるようだ。
果たしてそうなのか?
今大切なのは、家庭や地域で担うのには限界がでてきたから、学校がもっとイニシアチブをとって、家庭や地域に働きかけなければならない、ということなのではないか。
こう考えれば、学校の教員は、家庭や地域になんら遠慮することなく、教育のプロとして、それこそ責任を持って、教育について語り、子どもについて語り、具体的な連携の方策について地域等に依頼し、協力してもらうべきだ、と思われる。
学校が孤立してはいけない。
ハードなネゴシエイターは、少なからず保護者や地域住民の中にいるが、それはそれとして、家庭や地域に一定の約束事のまとで、協力してもらうことは大切なことだ。
そのことが、子どもの教育の責任をシェアすることにもなる。
[PR]
by k1satok1 | 2014-02-22 16:24

モンブランの美味しさ

a0254330_1642869.jpg

035.gif
美味しいモンブランは、栗の甘さより、クリームの甘さがやや勝っている。あと、歯ざわりも、ぬめっとしない。微妙なところで落ち着いているのが、銀座アンジェリーナ。
[PR]
by k1satok1 | 2014-02-09 16:39

解散総選挙があったとしたら

解散総選挙があるとして、さてはて、何党が政権を担うのか?
教育関係者としては、どうか建設的な教育政策を打ち出す政権であって欲しいと願うばかりである。
学校には確かに課題が多い。まあ、ステイクホルダーが多く、そのステイクホルダーに選択権がないだけに、学校が責任を問われることが多いのは仕方が無い。でも、だからといって、学校から建設的な保護者と学校の関係が排除されてはならない。
その関係性を復活あるいは保持させる方策を考えることこそ文部科学省や教育委員会の責務ではないか。
[PR]
by k1satok1 | 2012-11-13 23:57

あほを見つけた

昨晩書いたのだけれど、あまりにひどいので自主的に削除。飲み過ぎ。
今日はがんばろう。
いま地下鉄。
思うに、人は電話とメールでつながることが多いが、実際に顔を付き合わせて話す、ということがやはり不可欠だ。わかっちゃいるけど、これがなかなかできない。教員時代は、保護者と顔をつきあわせて、なんて本当に少なかった。そこに誤解と邪推が入り込むのだ。守りにはいってはいけない。けど、飲みすぎてもいけないんだなあ。みつお風。反省。
でも、そんな酔っ払いの僕を怒らない妻には感謝。優しい。
[PR]
by k1satok1 | 2012-02-03 09:31



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧