ぼくが教育について思うこと

<   2012年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

頭の整理

人に仕事を押し付けて、その上がりを持っていくという仕事の仕方をする人はどの世界にもいるのだろう。自分ではいろいろアイデアが浮かばない、また整理できない、そんな人は誰かに発注して、しかも大して具体的でない発注をして、出てきたものを批正することで仕事したと思いたがる。そんな人は世の中にたくさんいるに違いない。
本人もそういう仕事の仕方が良いと自覚していて、中には、自分がリーダーだと勘違いしている場合もある。
クリエイティブな世界で生きている人は、結局のところ上がりをもっていかれてしまうわけだが、それに憤然としつつも、まあ、そういうあほな仕事の仕方をする人がまんざら役に立っていないわけでもないとも思うのである。だからこそ、そういう輩がはびこる。
寄生虫のように人の努力とアイデアをむしりとり、自分の手柄のように外部にPRする名人がいるのだ。ちょっと中国のパクリ疑惑に似ている、と思う。
こういう輩を上手く扱う上司はなかなかいないが、僕の知る上司は、なかなか上手くやられていた。自尊心をくすぐりつつ、最大限、自分のやって欲しいことをやらせる。しかも、本人にとっても一定程度メリット(ここでいうメリットは、あくまでも世の中のためではなく、その輩本人のためだけのメリットで、傍から見るといやけがさすもの。)を与える。組織を預かる人からすると、こんな輩でも上手く使わなければならないのだから、当然だ。
でも、僕が一番悲しいのは、そんな輩の底の浅さに気付けない人があまりに多いことだ。何たることか、この輩の影響で、腐ってしまう人間が増えていくのだ。その一方で、その輩は、自分が良い人間かのように周囲に見せかける。ちょいと弱い人は、見抜けない。オウムの信者と変わらない判断力の欠如。
ううむ。これって日本のために何にもなっていないのだけれど、当の本人たちは、そもそも日本をよくしたいとなんて本気で思っていないから仕方ないのだろう。ああ、悲しい。
今日は悲観的に過ぎるが、所詮、人間は安易で楽な方に流れ、自分が苦労するより、人に苦労させた方がいいや、と思ってしまうという現実を憂いて、語りました。もちろん、僕は自分が苦労しつつ、人の幸せを実現しようと努力しています。その割には、悲観的ですが。
[PR]
by k1satok1 | 2012-03-30 23:52 | 教育

重力と勝負

昨日。腹筋100回、腕立て30回。
[PR]
by k1satok1 | 2012-03-25 10:59 | 日課

子縁社会を考える

子どもがいる人も、いない人も、たいていの人は子どもが好きだ。という前提はあるものの、子どもを中心において、人と人の縁をつなぐということが、これからの社会では必要だ。
これはある人の講演で学んだ考え方だが、共感するところ大だ。
もちろん人生において子どもはさして重要な意味をなさない方も多いとは思うが、一度子どもにかかわってみると、意外に病みつきになるかもしれない。
ただ、そうした体験を通じて子縁をつないでいくには、誰かが主導して、そのための環境を整えていくことが不可欠だ。
子縁というと、学校が中心になるイメージは否めないが、いっそのこと、「学校」=「教員+子どもの施設」という捉え方から、「学校」=「みんなの施設」へと意味付けしてはどうだろうか。
みんなの施設なのだから、使い方は多様であっていい。ただし、子どもが育つための場所であり、そのための営みをキーワードにして大人がつながるということだけははずさないようにする。
そうすると、やっぱり学校は小学校と中学校を分けておくのはやりにくい。義務教育学校を設置したいところだ。大きな制度改正が必要だけれど、少なくとも、校舎一体型の小中一貫教育校を独自に進めていく市町村が増えるといい。
それが将来の発展への起爆剤になる。
[PR]
by k1satok1 | 2012-03-21 22:38 | 教育

重力と勝負

腹筋100回じゃ。腕立て30回。スクワット20回です。
[PR]
by k1satok1 | 2012-03-21 22:10 | 日課

地域との連携による学校づくりはやらなくちゃいけないのか?

地域との連携による学校づくりはやらなくちゃいけないのか?
やらなくちゃいけないとしたら、
1.その法的根拠は何か。
2.だれがその主体者か。=責任者を負うのか。
3.地域とは何を指すのか。
4.何が目的なのか。
5.連携のための場と時間は確保されているのか。
6.関わる人々の責任は何によってどのように担保されているのか。
7.トラブルが起きたときには、どこがどう対処するのか。※2にも関連。
8.連携とはなにをすることか。
9.協働や協力と同じか、違うのか。違うとしたらどう違うのか。
10.保護者はどうかかわるのか。
11.保護者は地域住民か。
12.どんな効果が期待されているのか。※このあたりはやってみて得られることでもある。
などを明らかにしなければいけないなあ。
もっとありそうだが。それは、上の1~11に付随しているもので、ブレイクダウンすると出てくるだろう。
[PR]
by k1satok1 | 2012-03-18 22:32 | 教育

もはや日課ではないが、重力と勝負

腹筋80回、腕立て25回。
[PR]
by k1satok1 | 2012-03-18 22:12 | 日課

教育の効果、妥当性などを測る尺度とは

これは永遠の課題。
これを見つけられたら、いいな。
とても難しい。
[PR]
by k1satok1 | 2012-03-17 12:40 | 教育

そこに志はあるのかい? 橋下大阪市長を巡る冒険

橋下大阪市長の発言をどうとらえるか。
真っ向反対という人と、賛成だぜっという人がいろんな場面で発言しているので面白い。
僕は橋下さんを一つの意見として受け止めている。そういう考え方もあるし、その考え方を思考の材料にすれば、何か新しいものの見方や施策が生まれるかもしれないと。
でも、そんな風に思考するときには、自分の思考の土台が必要だし、重要だ。自分は結局何を大事にしたいのか、何を目指しているのかという志が不可欠だ。それがないと、川を渡るのに、縄を張った方がいいとか、いやいや橋を作った方がいいとかの手段だけの議論になってしまうからだ。橋下さんと、その批判者たちは、僕から見れば、皆同類だ。一つの思考の材料でしかない。もちろん大阪市民は利害関係者、有権者として大きな影響をこうむるのだろうが。そこは、選挙だから仕方がない。今の制度の中では。
橋下さんも、その批判者も何を目指して、議論するのか、それを正直に語ってから手段を述べてくださいね、と僕は言いたいな。子供のけんかじゃあないのだから。
[PR]
by k1satok1 | 2012-03-15 23:55 | 教育

歌手のAIが鹿児島で授業を・・・

AIが母校の小学校で6年生に音楽を指導している。NHKで。
素直に自分の心を表現できる人は、子どもの心をとらえるということが分かる。
とてもいい雰囲気で、しかも、AIの言葉は印象深い。分かりやすい表現で、人として大切なことを伝えている。
魅力。それが教師には必要だ。心して、自分を磨く必要があるのだ。教師は、万能ではないが、何かに秀でて、魅力を身につけることはやる気次第だろう。
人を楽しませたい、成長させたいと、他者の喜びが自らの喜びに感じられるようなことこそが教師としての資質の根幹ではないかと思う。
それがない人は、教員採用試験を受けるべきではないとさえ思う。いや、それではあまりに悲しい。できれば、大学でそうした資質を身に付けられるような授業、プログラム、恩師、友達でもいい、そういうこと、人に出会えるとよい。
教育系の大学に求められるのは、このような視点ではないか。
もちろん、これだけでは大学教育ではなく、職業訓練所になりかねないが。
[PR]
by k1satok1 | 2012-03-14 23:43 | 教育

重力と勝負

スクワット20回、腹筋80回、腕立て16回。腕立て中に左足太腿がつりかけた。ふうううううっ。
[PR]
by k1satok1 | 2012-03-14 22:42 | 日課



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧