ぼくが教育について思うこと

学級経営~5月の連休明けにすべきこと~

連休が明ける。
4月の1か月で出来上がった学級経営の基礎が簡単に崩れる時期である。
一方で、4月につくれなかったことを再度チャレンジする時期でもある。
良く言えば仕切り直しが可能な時期だ。
さて、何を仕切りなおすのか。
連休が明けてから考えるなんて悠長なことはやめよう。
今考えるのだ。
考えるべきは、①教師がすべきこと。②子どもにさせるべきこと。の2点に分けて整理する。
①も②も内容を考える前に、一日のスケジュールのうちのどこで行うことなのか想定すべきだ。
たとえば、①なら、
朝教室に入る前に何をするのか。漫然と教室に入ってはいけない。
職員室で自分は教師として何をするとよいのか考えるのだ。
一日の授業の構想を確認するのか、それとも、教室に入ったらまず子どもに何を問いかけるか考えるのか。
気になる子どもの様子をまずもって確認するのか。苦手な子どもに対して笑顔をふりむけるのか。やることはいくらでも想定できる。大切なのは何をするかをその「目的」とセットで考えておくことだ。
②なら、
1時間目の授業で少なくともノートに日付を書くことだけは徹底させるのか、自分の考えを全員が一言でもかけるように徹底するのか、などこれまたいくらでも想定できる。
漫然と漠然と一日をスタートしてはいけない。
もっと言えば、GW明けの1週間で何をいつごろやるのか、重点を箇条書きにしておくくらいはしておきたいものだ。
PCでプランを練る必要などない。手帳にメモしておいて、一つ一つ実行し、実行したら線で消していくだけでいいのだ。そういう地道な取り組みが自分の自信にもつながるし、仕切り直しにも具体化されていく。
もっとも、箇条書きしたくても何を書けばいいのかわからないようなら、教員をやめるということも考えたほうがいいかもしれない。
[PR]
# by k1satok1 | 2013-05-04 14:15 | 教育

解散総選挙があったとしたら

解散総選挙があるとして、さてはて、何党が政権を担うのか?
教育関係者としては、どうか建設的な教育政策を打ち出す政権であって欲しいと願うばかりである。
学校には確かに課題が多い。まあ、ステイクホルダーが多く、そのステイクホルダーに選択権がないだけに、学校が責任を問われることが多いのは仕方が無い。でも、だからといって、学校から建設的な保護者と学校の関係が排除されてはならない。
その関係性を復活あるいは保持させる方策を考えることこそ文部科学省や教育委員会の責務ではないか。
[PR]
# by k1satok1 | 2012-11-13 23:57

上司に悩むすべての教員へのエール

学校は、よくナベブタ型の組織で、厳密に上司と言えるのは校長と教頭、主幹教諭ぐらいに限られるのが通常だと思う。こういう組織では、ほんの限られた数名の上司とうまくいかなくなると、大変つらい。教員と言えども上司との関係は重要だ。いくら同僚に「頑張っているね」と言われても、上司から冷たくされれば、「なにくそ」と思う人より、「自分って駄目なのかな」と思う人の方が多いのではなかろうか。
でも、ちょっと考えてみてほしい。1年間のことだけを考えれば、その上司との関係が悪いのは大変なことだが、その上司は3年もすればいなくなるではないか。一般的に管理職の方が異動スパンが短い。そのことを忘れず、どうせ、あの上司はいなくなる人、自分は子どもたち、保護者の信頼を得て活躍する人、と信じて、地道にできることを積み重ねてほしい。
僕は、そう思う。そう思うことで救われる人が多いと思う。それに、その方が多くの子どもを幸せにできるではないか。
こんなことを書くと、お前は管理職の気持ちや苦悩がわからないのだ、と言われそうだが、管理職って、子どものために、自分の学校の教職員の能力をフルに引き出すべき存在なのだから、それができないなら、そもそも管理職としての存在意義はない。そう思いませんか?これは、すべての管理職への問いかけであるとともに、自分への問いかけでもある。
[PR]
# by k1satok1 | 2012-11-12 23:32 | 教育

好酸球性副鼻腔炎になった

やっかいな病気になった。鼻の中に炎症がある。その原因が好酸球という白血球の一種。暴れているようで、ポリープが増えてしまったようだ。手術で除去できるものの、再発の可能性が高いとのこと。慈恵大病院で。300件も予約でいっぱいとのことで1月に手術になる。
まあ、経過はこのブログで記録しておこう。
[PR]
# by k1satok1 | 2012-10-10 22:58 | 箸休め

いじめ問題に思う

いじめアンケートを行った町田市の教員がテレビのニュースに。
アンケートを書きにくいという子どももいるはずだが、一斉に配付し、その場で回答を書かせている。
このやり方自体の是非は検討しておきたい。
これが本当に有効で公平な方法なのかどうか。自分ならばどうするか?

ところで、個人面談、三者面談が学校にはある。これを児童生徒面談に変えてはどうか?
そもそも、一人一人の子供にじっくり向き合う時間を意識的、意図的に設けることこそ必要ではないか?
[PR]
# by k1satok1 | 2012-07-24 23:18 | 教育



教育について、激しく、でも温かく語ります。

by 教育鳥クロニクル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
メモ帳
レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報ホームページ分析グーグル SEO
アクセスカウンター フリー風景写真集情報検索上位WEB R
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧